ベタ基礎工法

ot_05


■耐震性向上
ベタ基礎工法により地盤と基礎が一体化し、従来の布基礎に比べ安定感に優れています。
建物自重・積載荷重を分散し、均一に受ける構造なので地盤への負担を軽減します。

■防蟻効果
従来の布基礎の様に床下が土ではなく、コンクリート一体型仕上げなのでシロアリ被害を防止できます。

■不等沈下防止
建物をコンクリート基礎全体で支え、上からの荷重を平均的に地面につたてるので、不同沈下(基礎や構造物が部分的に沈下する現象)を防止できます。

■防湿性
防湿ビニールシートを基礎コンクリートの下に敷き込み、土中から湿気が上がるのを防止します。
これにより床下の腐食を防ぐことができます。

①断熱材 ②外壁材
③耐震外壁下地材 ④Low-Eペアガラス
今ここ! → ⑤ベタ基礎工法 ⑥根太レス工法
⑦基礎パッキング工法 ⑧玄関ドアリモコン錠
⑨金物工法 ⑩保証